車検を受ける際に注意するべきポイントについて詳しく解説!

公開日:2022/10/15

車検

車検は、公道を走行するすべての車に、定期的に受けることが義務付けられている検査です。もし、車検の有効期限が切れたまま公道を走行していると、罰則や罰金の対象となるので気を付けなければなりません。そこで今回は、車検の流れや、車検を受ける際に必要な書類、車検を受ける際に注意するべきポイントについて詳しく解説します。

車検の流れをチェック

車検を受ける際は、業者に依頼するという方が多いのではないでしょうか。ここでは、車検を受ける際の流れをチェックします。

見積もりをとる

車検を受ける前に、どんな点検項目があって、どの部分に不具合があって部品を交換するのかなどを知るために、見積もりをとることが重要です。見積もりをとることで、車検の内容を把握でき、どのくらい費用がかかるのかわかります。

車検予約

見積もりを確認して車検を依頼することに決めたら、車検業者に予約します。車両の入庫日や引取り日を業者と相談しながら、自分が希望する日時に予約しましょう。また、代車を借りたいい場合もこのタイミングでの予約となります。

車検実施

車検当日は、必要書類を揃えて、車内から貴重品を降ろしておきましょう。あとは、車検業者に車両を預け車検の実施です。

車両の引取り

車検が終わったら、車検の説明後に車検費用を支払い、車両を引取って完了です。

車検を受ける際に必要になる書類

車検を受けるためには、必要な書類を揃えなければなりません。ここでは、車検を受ける際に必要になる書類を紹介します。

車検証

車検証とは、自動車保安基準を満たした車であることを証明する書類で、正式名称は自動車検査証です。車検証は、車を運転する際は常に携行しなければならないため、グローブボックスに保管していることが多いでしょう。

もし、車検証を紛失してしまった場合は、普通自動車は管轄している運輸支局で、軽自動車は軽自動車検査協会で再発行できます。

自賠責保険証明書

自賠責保険とは、事故による被害者の救済を目的とした保険で、自賠責保険証明書とは自賠責保険に加入していることを証明する書類です。正式には、自動車損賠賠償責任保険といい、車の所有者は自賠責保険に加入する義務があります。

車を運転する際は、必ず携行しなければならないため、通常は車検証と一緒に車検証入れに保管されていることが多いです。

自動車税納税証明書

自動車税とは、毎年4月1日時点での所有者が都道府県に納付する税金です。自動車税納税証明書は、自動車税納税通知書と一緒に郵送され、自動車税を納付することで発行されます。紛失した場合は、普通車は都道府県税事務所で、軽自動車は市町村役場で再発行してもらいましょう。

車検を受ける際に注意するべきポイント

車検を受ける際は、どのような点に注意すればよいのでしょうか。ここでは、車検を受ける際に注意するべきポイントを紹介します。

ニーズに合わせた車検業者選び

車検業者は、ディーラーやカー用品店、整備工場などさまざまあり、それぞれの業者によって特徴が異なります。そのため、自分のニーズに合わせた車検業者選びをすることが大切です。たとえば、車検にかかる費用を安く抑えたい場合は、カー用品店やガソリンスタンドに依頼したり、多少高くても安心して車を運転したい場合は、ディーラーに依頼したりといった具合に選ぶとよいでしょう。

代車の用意があるか

車検にかかる日数は2~3日の場合が多いため、いったん入庫すると車検が終わるまでの2~3日は自家用車がない状態になります。そのため、普段通勤や買い物に自家用車を使用している場合は、車に乗ることができずとても不便な思いをします。そうならないために、車検業者に代車の用意があるかどうかが重要なポイントです。

代車を借りることができると、今まで通り車で通勤や買い物ができるため、不便さを感じることがありません。そのため、車検を依頼する際は、代車の用意があるかしっかり確認しましょう。また、代車は当日に借りようとしても、借りられない場合が多いので、事前に予約しておく必要があります。

書類がすべて揃っているか

車検は、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税所が揃っていないと車検を受けられません。そのため、これらの書類を紛失してしまった場合は、再発行の手続きを行いましょう。また、自賠責保険の期限が切れている場合も、車検を受けることができないため、加入手続きをしなければなりません。

車検費用の内訳をチェックする

車検費用の見積もりをとったら、見積書で費用の内訳をチェックしましょう。コーティングや洗車、安全な運転に支障のない部品の交換などをすすめてくる業者もいるので、自分の車に必要ないと思った場合はきっぱりと断ることが大切です。断ることで、不必要に車検費用が高くなることを防げます。また、代車費用が無料なのかも確認しておくとよいでしょう。

まとめ

車検の流れは、まず見積もりをとり車検予約をします。車検当日は必要書類を揃え車検を実施し、車検が終わったら車両を引取って完了です。車検を受ける際に必要な書類は、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書を揃えなければなりません。また、車検を受ける際に注意するべきポイントは、ニーズに合わせた業者選び、代車の用意があるか、書類がすべて揃っているか、車検費用の内訳をチェックするなどが挙げられます。

【前橋市】おすすめの車検業者ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名群馬商事㈱コバック 前橋吉岡店オートアールズ 前橋モール店トヨナガ 野中店サンワ 前橋野中店
特徴ガソリンスタンド併設のため、ついでに話を聞けることの信頼感がある低価格かつ高品質な車検サービスを提供している予算・都合にあわせて整備内容を選択できる車検サービス車検・整備、板金から塗装までを一貫して行える年間4,000台の実績を誇る車検サービスを利用できる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧